ニコチンを含まない新しい禁煙補助薬

禁煙を達成するためによく使用されるのが禁煙補助薬です。
例えば、肌にパッチを張ってニコチンを経皮吸収するタイプの薬や、ニコチンを含んだガムを噛むことでタバコから離れることを促すタイプの薬が販売されています。
パッチ型やガム型の薬を使用し続けることで、タバコからニコチンを摂取しなくてもイライラしない体質を作ります。
次に、徐々にこの薬の量を減らしていくことで最終的にニコチン依存症から脱出しようという流れになっています。
しかし、そもそもニコチンというものは体内にとって毒性を示す化学物質であることがご存知ですか。
ニコチンはアルカロイドと呼ばれる化学物質の一つで、即効性の高い神経毒なのです。
できればニコチンを含まない薬を用いて、安全に禁煙を行いたいですよね。
そこで最近注目されているのが、ニコチンを含まない新しい禁煙補助薬です。
新タイプの禁煙補助薬は従来のニコチンに代わる安全な化学物質を含んでいます。
この化学物質は、脳内のニコチン受容体に結合することができます。
ニコチンの代わりに受容体に結合することで、本物のニコチンが受容体に結合することをブロックします。
これを続けることで、体内のニコチン濃度を徐々に下げ、やがてニコチンに依存しない体にするというメカニズムです。
安全かつ効果的に禁煙を進めたい方はぜひ新しい禁煙補助薬を検討してみてはいかがですか。